英会話スクールTOP >> 話せるようになるの?

話せるようになるの?

英会話スクール・教材・ラジオ・留学など多くの方法で英会話マスターにチャレンジしてきた人がいます。
しかし、話せるようになった人、話せるようにならなかった人どちらも存在するのが事実です。 その違いは一体どこにあったのでしょうか?

答えは英語に触れている「時間量」にあります

人は「1000時間」その国の言葉に触れていると、話せるようになってくると多くの言語学者達が 述べています。
例えば1週間に1回スクールに通い、1時間勉強したとします。 そうすると年間約50時間英語に触れたことになるでしょう。
すると1000時間英語に触れるには20年という長い月日が必要になります。

一方、留学生はどうでしょうか? 例えば、アメリカで生活していると、1日10時間は英語に触れることになるでしょう。 すると、1000時間英語に触れるには3~4ヶ月という短い月日でこと足ります。
思えば、記者もアメリカに留学体験がありますが、確かに3~4ヶ月という時期に話せるようになってきた 記憶が鮮明に残っています。この体験は記者だけではなく、多くの留学経験者が語っていることでも あります。

つまり、日本で英語を話せるようにするにはスクールをはじめ、普段から英語にふれる ことを心がけ、外国の文化を学び、楽しみながら使っていくという環境が最も大切なのです。 日本で英語を話せるようになった多くの人がスクールはもちろん、スクール以外でもうまく環境をつくる ことによって、英語マスターにつなげています。

当サイト「えーなび」では話せるようになる秘訣を記してございますので、今後のスクール探しと共に ご活用ください。

英会話が10倍上達する方法はこちら  >>まずはスクール編