英会話スクールTOP >>  どんなコースがあるの? >> 多店舗で展開しているスクール
多店舗で展開しているスクール

教室タイプ【多店舗展開しているスクール】

  1. グループ・・・
    多くのスクールでグループレッスンをおこなっており、仲間と学ぶ楽しい環境といえる。ただし、一クラス5,6名くらいまでが良いのではないだろうか?
    これ以上多くなると話す機会などが減り、上達に支障をきたすことも考えられる。またペースを乱す生徒などがいるとレッスン自体が盛り上がらないこともある。 体験レッスンを受けた際にしっかり確認しておくことをおすすめする。多店舗展開しているスクールの中には、プライベートレッスンを専門としグループレッスンを行っていないところもあるので注意したい。
  2. プライベート・・・
    少々割高ではあるが、多くのスクールでプライベートレッスンを実施している。レッスン内容も濃く、自分の目的に合わせたレッスンを薦めてくれるので 集中して学びたい方にとっては良いのではないだろうか。ただし、講師が自分に合わないと上達に支障をきたす場合があるので、講師の変更ができるかどうか事前に各スクールに確認したい。
  3. セミプライベート・・・・
    2、3人で受講できるセミプライベートレッスンは人気がある。語学レベルのあった少人数でしっかり学びたい方や費用を節約して学びたい方は合うのではないだろうか。 他のクラスに切替が可能なスクールもあるので、システムの確認をしっかりしたい。
  4. 日常英会話・・・
    最も受講人数が多いオーソドックスなコース。日常にある様々なトピックをテーマに講師が会話を弾ませる。自分の得意なテーマだと、レッスンもより楽しめる。 しかしながら、興味が無いテーマになると、ついていくのがやっとになることも。幅広いテーマで会話できるよう日頃から広く浅く知識をつけていきたいところだ。
  5. トラベル英会話・・・
    海外旅行中に起こる様々な状況をテーマにしたレッスン内容。買い物やホテルの予約、レンタカーを借りるなどより実践で役に立つ授業だといえるだろう。 旅行好きの方はぜひトラベル英会話を試してみたい。
  6. ビジネス英会話・・・
    英語でプレゼンテーション、電話での対応、クレームの処理、ディスカッションなどビジネスで使う様々なシーンを英語でこなせるようにする。 体系的にカリキュラムが用意されており、充実したビジネス英会話が学べる。本気でビジネスに英語が必要な方は受講してみると良いだろう。
  7. TOEICコース・・・
    多くのスクールでTOEICなど資格に対応したコースがある。リーディング・文法・ボキャブラリーそしてリスニングなどテーマに分けた学習が可能なので 目的に合ったクラスを選択したい。また、700、800、900点など目標に沿ったコースが用意されているスクールは心強いかも。 さらに模擬試験をやってくれるスクールもあるので、うまく活用し本番につなげたい。
  8. 教育給付金コース・・・
    ほとんどのスクールが給付金に対応したコースをもっている。ただし、人によって条件などが異なるため必ずスクール及び厚生労働省に受講資格があるかどうか 確認する必要がある。
  9. 留学対策コース・・・
    多くのスクールが留学準備に役立つコースを実施している。また、TOEFL対策を行っているスクールはなお心強い。実際留学経験者のスタッフが多くいるため、 留学希望者には親切に相談にのってくれるであろう。留学のサポートまでしてくれるスクールがあるので、詳しくは各スクールに問い合わせると良い。
  10. 子供英語・・・
    ほとんどのスクールが子供のクラスを併設している。レベル数も多く子供の状況に合わせたクラスを用意しているスクールが多い。親子で通えるスクールもあるのでチャンスがあれば試してみたい。