英会話スクールTOP >> 遊びを通じて英会話マスター(海外旅行編)

海外旅行

理想は長期留学だということは前述したとおりであるが、短期の海外旅行であっても積極的に現地の人と接し 話す機会を持つことによって、実践の場となることは間違いない。
特に英語圏への旅行に際しては 生の英語に触れられ、スクールで学んだことが通用するかどうかのリトマス試験紙になるのではないか。 ここでは、記者の取材により、効果的な海外旅行の方法などを紹介していく。

世界一周エアプレーンチケットとは

世界各国様々な航空会社が提携をして発券 されていて、その提携会社が就航している場所であれば、ある一定条件の下で 何処にでも行けちゃう夢のようなチケットです。しかも驚くはその金額です。 おおまかに30万円~40万円代で20回以上のフライトができちゃいます。
しかも、出発日やハイシーズン等の価格変動もないんですよ。

何も世界を廻らなくても、単発の旅行の目的地によっては、少し予算をプラス するだけで、目的地以外にも何カ国か行けちゃう!こんな考え方もできます。 なんか世界一周がぐっと近くなった気がしませんか?

世界一周エアプレーンチケットは主に5種類。それぞれ個々に特徴がありますが、大きく 分けるとマイル制(4種)と大陸制(1種)の二つがあり、プランに合わせて選ぶ事が できます。
先に述べましたが、世界一周エアプレーンチケットには条件が設定されています。 マイル制・大陸制はその名の通り、移動にマイル・大陸数の制限があります。 また、航空券の種類によってさまざまですが、大まかには途中降機できる回数や フライト数や、マイル制のものは最高(低)滞在都市数などの制限があります。

航空券は一枚のフリーパスではなく、通常の航空券がフライト数分束になった もので、有効期限は1年間です。
ルートは全て購入前に決めなければいけませんが 日にちに関しては、全て決めてしまう方法と、全てオープンにする方法があります。
但し、その場合は自分で現地の直接航空会社に申し込みをしなければいけません。 また基本的にはオープンにしておき、就航便が少ない場所や、予約が取りにくい 場所のみ日時を決めておく事もできるようです。

日本での購入は旅行代理店で出来ますが、この航空券自体がまだまだ日本では 知名度が低い様ですので、世界一周堂さんに相談するのがよいと思います。
(↑一般ブログ参照)

世界一周堂HPはこちら

記者のコメント

世界一周旅行などというと、ごくごく一部の大金持ちしか参加できない旅行だと思っていたが 今では庶民も参加できる方法があるのは驚きだ。
旅の道中は英語を使ったコミュニケーションが メインになるため、必ずやスクールで学んだ英語力を伸ばしてくれるにちがいない。 旅の思い出とともに、英語力アップを目指そう!